装備錬金のみ毒100%を目指そう

ダークキングで継続して人気な毒G装備。新装備が出て、買い替えで欲しいと思った人は増えたんじゃないでしょうか。

なぜ装備のみで毒100%を目指すとよいのか

まず、毒Gをつけれる場所は5箇所あります。

宝珠(~12%)、ベルト(~10%)、体上と頭装備(20%~100%)、破毒のリング(50%~80%)

職によって異なってきますが、毒G100%にするときによく使われるのが、宝珠とベルトで20%+破毒のリング80%にする手法と、体下装備の毒Gと破毒のリングを合わせて100%にするというもの。

装備に毒Gをつけて100%にすると、これらの宝珠の枠、ベルトの枠、アクセサリーの枠が余るので、より強力なステータスにすることができるというわけです。

ですが、そんな話はダークキング実装時から周知の事実です。

じゃあなぜ、今その話をするのかというと、3.4で実装されるスライムジェネラルの報酬が幻界闘士のゆびわの上位アクセであると確定してるからです。

しかも、DQTVでこのアクセは非常に強力であると言われてます。予想ですが、少なくともバイキルト強化時間延長+基礎力ステータス上昇だけの強化には収まらないんじゃないでしょうか。

この強化された指輪をつけれるかつけれないかは装備で毒100%を達成する他ありません。

ではどうやって指輪枠を確保するのか

指輪枠の80%が取れない影響は大きく、まず、装備で毒G100%にすることがほぼ確定します。錬金は基本的に毒60%なのでそれ2つを頭、体下につける必要がありますね。

ここでポイントなのが、頭にはHP錬金、体下には守備錬金をするということ。星1や星2で毒100%を目指してもいいですが、その分錬金できる枠が減ることを頭に入れておきましょう。

一部位で100%にすると

とんでもなく値段が高いです。体下のフリー枠を使ったとしても、二部位で達成するよりも値段が高い場合がほとんどです。

オススメは頭と体下両方に毒60%つける

それでもかなりのお値段ですが、毒G100%というハードルはそれだけ高いということです。毒Gにプラスした錬金効果は、自分のお財布と相談して買いましょう。頭と体下どちらにゴールドをかけるべきかというと、HPをつけれる頭装備を重視すべきでしょうか。

指輪の効果が確定してるわけではないので、今すぐに買うべきとは言わないですが、スライムジェネラル実装まで~実装後に注目しておくバザー装備のひとつだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク