武闘家の新スキルの使い方を予想する

どうも、こんにちは。DQXTVで180スキルの新情報が出ましたね。

せっかくブログを作ったのに書くことがない、しかも年末でいろいろ忙しくて書く余裕もなかったんですが、武闘家強化かもしれないということで、(元々DQ10の武闘家が好きだった)テンションが上ったので、いろいろ考えてみました。

まず、発表にあったとおり、武闘家の新スキルは「行雲流水」。使うと一定時間テンションを消費しません。詳細不明な部分は効果時間ですかね。とりあえず、この特技をうまく使えば、ずっとSHTターンが続くというわけです。

タイトルに予想するとでかでか書いたので、まず、行雲流水の効果時間を予想しましょう。個人的に1秒で結構バランスが変わってしまう技だと思うんですが、効果時間の設定を考えるなら5秒刻みでしょうか。一番多くて40秒マデでしょうか、ただ、それだとたぶん長過ぎるので、まじめに予想するなら20秒~30秒程度あたりじゃないでしょうか。10秒代は短すぎるので、さすがにないと思います。(そう思いたい)。

ちなみに、SHTには30秒程度の効果時間があります。つまり、ずっとSHTターンであるためには、行雲流水の方が効果時間が長いもしくは同じくらいなら、行雲流水→SHTという流れで、行雲流水が短ければ、SHT→行雲流水という流れになるでしょう。

SHTの効果時間30秒が気になる場合、テンション50で止めておいて行雲流水を使うという手もあります。ただし、テンション50とSHTでは倍率が2.5倍→3.5倍と大きく変化するので、基本的にSHT状態を維持するものだと思ってよさそうです。

僕はこのスキルは適当に使って火力を出せるものではないと思っています。また、野良パーティや普段では使えないテクニカルな特技だと思います。本気で武闘家を頑張るというならどう行動するかをあらかじめ考えておくべきでしょう。

例えば、このスキルを使って、なぎはらいなどの行動を取るのは基本的にNG。せっかくSHTになっているのに上限1999で止まってしまうのでは本末転倒です。そんなことしてるなら、プラズマブレード渾身してたほうがいいですよ。

じゃあどう使えばいいのかということなんですが、この特技を効率よく使うためには、SHT維持での瞬間火力に合わせられる強化要素があるのがベスト。例えば、ガジェ、FB、レボル、レンジャー新スキル、耐性低下、災禍あたり。確実に狙えるものは少ないですが、合わせれば相当なダメージも与えられることができます。逆に言えば、これらの火力アップ要素を使わないなら、どうぞバトマスや戦士で殴ってください。

他にもずっとSHTターンになるまでの強化要素があります。例えば、牙神昇誕、水流のかまえ、バイキなど。牙神昇誕は以前までわざわざ1ターンを使うほどのスキルではありませんでしたが、ずっとSHTターンにより牙神昇誕を使うことによるダメージアップ量は一気に伸びるでしょう。水流のかまえはピオラが2段階で入るので、1ターンでもSHTターンを継続したい今回ではかなり相性がいいと言っていいです。

いいことばっかり書いていますが、もちろんデメリットもあります。SHTはもちろん死ぬと解除され、行雲流水もなくなり事前準備がパーになります。SHTで少しダメージ軽減してるとはいえ、壁もせずにボス前に立っていればそりゃあ死ぬこともあります。そんなリスクがある場合は、コツコツ両手剣で安定して殴りましょうね。

また、最初にも言いましたが、この特技は適当に行動して使えるものではないです。今の環境で例えるとツメは一般的には弱いけど、TA勢などの上手い人が災禍とかと合わせれば強力な武器になるみたいな感じですかね。

ではでは、よくわからないことをいろいろ並べましたが、そんなことはやってみないとわかりません。というわけで、実践を想定してみましょう。武闘家で使えそうなCT特技を並べてみます。カッコ内は準備時間。

ライガークラッシュ(1.2秒)、断空なぎはらい(0.9秒)、奥義・棍閃殺(1.4秒)、ピンクタイフーン(0.5秒)、百花繚乱(2.7秒)、岩石おとし(2.7秒)、せいけん爆撃(0.7秒)、しんくうは(1.5秒)、ドラゴンソウル

SHT(3.5倍)を含んだときの倍率とダメージ。(宝珠やスキル強化は含まない)

ライガークラッシュ15.75倍、奥義・棍閃殺11.2倍、断空なぎはらい8.1倍、ピンクタイフーン7.0倍、百花繚乱9.8倍、せいけん爆撃10.5倍、岩石おとし840ダメージ、しんくうは1400ダメージ、ドラゴンソウル14.0倍

素手は弱いのでほぼネタです。個人的にせいけん爆撃が好きなんですが、あれは(CT15)というタイムアタックでのメリットがあるというだけでSHTでも火力は出ませんね。

さてさて、これを元にいろいろ行動パターンを実際にアストルティアで試してみました。装備は風虎+足宝珠すばやさをつけて検証。なんだか、武闘家らしくていいですね。

パターン1

ためる→水流のかまえ→持ち替え→牙神昇誕→

[行雲流水(無念無想)→ためる参→ライガークラッシュ→持ち替え→奥義・棍閃殺→断空なぎはらい]

ツメと棍をつかうパターン。扇や素手は弱いので使いません。(SHTの硬直については後述)

特技自体は未実装なので、今回は無念無想をかわりに使いました。このパターンを試して、ちょうど[]内の行動で25秒くらい。もし、行雲流水が20秒なら、ずっと棍を持ってさっさとCT特技を使ってしまい、なぎはらいでもしてたほうがよさそうです。逆に30秒あるならもう1行動くらいぎりぎり挟めそう。この場合、ツメの行動にサイクロンアッパーを採用するか、なぎはらいを入れるかあたりでしょうか。チャンス特技を引いていたら、棍持ってる時にドラゴンソウルを使いましょう。最初の準備は無駄に持ち替えてたりするので、状況次第でもう少し練り直してみてもよさそうです。

パターン2

ためる→水流のかまえ→持ち替え

[(無念無想)→百花繚乱→ピンクタイフーン→持ち替え→奥義・棍閃殺→断空なぎはらい]

扇を持つパターン。範囲技の瞬間ダメージを叩き出すことができます。

このパターンを試してちょうど[]内の行動が30秒くらい。行雲流水が30秒だった場合にぎりぎり入るか入らないかのラインですね。行雲流水が切れそう!っていう時に準備時間が短いなぎはらいを挟んで(準備時間がある特技が間に合わないかもしれない)、テンション維持→奥義・棍閃殺など判断するのも武闘家の腕の見せどころだと思います。たぶん。

まとめ

飽きるほど言いますが、いろいろ組み合わさってやっと強くなるという特技だと予想します。武闘家好きとしては、強くていろんな人が乗り込んでくるよりも、ひっそりと強いくらいが嬉しいんですけどね。

そうそう、ためるでSHTになると硬直が発生するんですが、
【ニコニコ動画】【DQX】SHTムービーカット

この動画で解説してるので見てみてね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク