隠れスライム まとめ

あらすじ

隠れスライムで個人スコア309200 ptを達成しました。(厳密には僕ではなくチームの方が)

まずは、今回の記録までの経緯をご覧ください。

日付 個人スコア
9月13日 151900
9月15日 237600
9月16日 270300
9月22日 297700
9月23日 309200

最初は目標20万だったんですが、やるたびに毎回記録更新をし、最終的には30万を超えました。

ルート変更も試みたんですが、4人集まってする時間がなかなか取れなかったので、結局、最初に決めたルートをずっとやっていました。まあ、ルートを変えたからといってスコアは大幅には変わらないでしょう。

はじめに

隠れスライムの基本についてまとめます。普通に景品を回収してしまってる人はわかると思うので、面倒な人は途中まで読み飛ばしてしまいましょう。

プレイ方針

あんまり必要ない気がするんですが、プレイ方針を書いていきます。

・パーティの総合スコアを目指すのではなく、個人スコアの最高値を目指す

隠れスライムは組んだパーティ4人の総合スコア」「それぞれの個人スコア」が出ます。で、フレンドランキングとチームランキングがあるんですが、それに記録されるの個人のスコアの方。

総合スコアも一応出るんですが、記録されないということで、やりこむプレイヤーは個人スコアの方の最高値を目指す人が多かったようです。

基礎知識

これは基本的にスライムを見つけて得点を稼ぐゲームなんですが、その間にフォンデュが定期的に出現します。

フォンデュに話しかけることでどんどん効果が発揮され、

(パーティ全体の移動速度アップ→エンゼルスライムが見えるようになる→エンゼルスライムが5匹増える→エンゼルスライムが10匹増える)

というように、最大4回まで進化します。で、このフォンデュは出現条件と出現位置が決まっています。

出現条件…

フォンデュはスライムを全体で5匹見つけると出現します。このスライムのカウントはフォンデュが出現している時にはカウントされません。つまり、フォンデュが出現した直後のスライム発見は無駄になります。そのため、スライムを見つけてフォンデュが出現した後フォンデュを確認して待機、フォンデュに話しかけた後すぐに次のスライムを見つけることでフォンデュ発見がスムーズにいきます。

ちなみに、右上に出てくるメッセージにはラグがあるので、タブのシステム表示からフォンデュの出現、発見を確認のがいいです。

出現位置…

フォンデュは5つの決まった位置に出現します。これがなかなかやっかいで、パーティの人数4人に対して5箇所なので、だれかが2箇所以上おさえないといけません。詳しいことは後述します。

あと、小ネタというか、たくさんやってる人は理解してると思うんですが、スライムを発見する時にBボタン一回ではなく、Bボタンを2回押すとモーションが短縮されます。あまり言われてないですが重要なテクニックです。

攻略までの経緯

初日

パーティを組んで何度か普通にプレイしてみました。

目指すなら個人スコアで1人に得点を集中させるほうが楽しいだろうという話に。

で、やってみると10万点は超えたんですが、これなかなかチャットで位置伝えるのが難しいんですよね。テンキーの位置を伝えようだとか、ボイスチャットを使おうなど意見は出たんですが、なかなか上手くいかず課題を残す感じに終わりました。

あと、スライムの出現位置に番号を振り分けて、それをチャットしようという意見も出たんですが、出現の多さからそれは現実的じゃないだろうと。

とりあえず、場所を区切っておいたほうがわかりやすいじゃなかということで、以下の図のような名称になりました。(図のマップはドラクエ10極限データベースさんのマップをお借りして作成しています。)

ちなみに、このころに得点を稼ぐ人のルートも決まっていました。走るなら行き止まりを出発点にするほうがいいので、得点を稼ぐ人の出発は3Fの王の部屋。

全体ルートは、王の部屋→2F→中央通路→鍛冶場→訓練所→下通路→入り口→上通路→厨房という感じです。

2回目まで

チャットで位置を伝えるのって難しいんですよね。そもそも、初日はどこにスライムが出るか自体もわかっていなかったので、チャットで位置を伝えられても、探してる人はそれを確認するのにワンテンポ遅れるんですよ。

あと、チャットでいろんなところから情報がくると上手く処理できないんじゃないかという問題点もありました。

その地点でジャンプする伝え方もあるんですけど、よく考えると次の新しい場所が探せなくて非効率ですよね。

で、いろいろ悩んだ結果、お絵かき掲示板を利用して位置を伝えることを思いつきました。

マップ作成のために、こんな感じにポイントをメモしていくんですが、一番の問題点は、周りの人が飽きるということでした。集まらないと作る意味のないかもしれないマップをなんで作るんだよっていう。

いや、むしろこのマップ作成してしまったからこそ、無理やりでも一緒にやってくれたのかもしれないです。(ごめんなさい、各当社各位)

はじめはスライムの出現ポイントがわからず、同じ位置のポイントをどう伝えるかについてはかなり悩みました。上にあるか下にあるかわかんねえよっていう。

とりあえず、努力で仮のマップはできました。なんか描けてない場所あるけど気にするな。

ついでに移動速度についても調べました。

2回目のスライム探し

さらなる努力の結果、マップが使える形になりました。最初は、詳細に書き込んでたんですが、これかえって分かりにくいよな。ということで、だいたいのメモを撤去しました。スライムの位置だけ青点で表してます。

お絵かき掲示板のお試し。数回やってどうやればいいか話し合いました。

・チェックはペンを太くして1点を打つだけのほうがわかりやすい

・チェックは赤が一番目立って見やすい

・高さの表現は上の位置はマップの外、下の位置はマップの内側に書く

・行き止まりの場所(厨房、鍛冶場奥、訓練所)にいないことを判断したら×を書く

この伝え方はチャットで伝えるよりもやりやすいと実感しました。得点も大幅に伸びて23万点。

3回目~5回目

あとは、とにかく慣れ。あまり書くことはありません。

2週間という短い期間だったせいで、あまり挑戦できなかったんですが、戦略面で詰められたことに関しては手ごたえを感じたので、楽しんでプレイすることができました。

おそらく試行回数を増やせば、32万も超えられるでしょう。

第二回スライム探しが開催されるといいんですけどね。ヴェリナードとかいいと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする